スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人がいる教室、いない教室



皆が年末に書いてくれた年賀状を壁に張り出しました。

201501061840002fb.jpg

書く前には簡単な概要と、書き方を日本語とタイ語で説明しました。
指示したわけではないのに富士山が沢山!
日本と言えば富士山・・・なんでしょうね。面白い。

さて、私の仕事は、タイ人の日本語の先生とペアを組んで
日本語や文化を教えることです。

タイに来る前はタイ人の先生だけではできない事をしたい。
浴衣を着たり、日本のアニメや漫画を見たり、
セーラー服を着させてあげたり
日本料理を食べたり、作ったり、日本語の歌を歌ったり
皆、初めての事に興味津々だろうなと妄想を膨らませていましたが
現実はおどろいたことに、学生たち。



そ の く ら い や っ た こ と あ る



んです。日本語教育がたった2年目のうちの学校ですら。

年賀状の事も皆よく知っていて、書いた事もあったりします。
私の説明がなくてもきちんと素敵な年賀状を完成させたことでしょう。
日本文化に関する楽しそうな資料をはじめ
教室には、けん玉や日本の絵本、漫画、国旗、ビデオ、雑誌、なんでもある。
折り紙は私ができる用な物の数段上をいった作品が教室にゴロゴロあります。

タイでは各地方で定期的に日本語キャンプという大きなイベントがあり
学校は積極的に参加しています。
(日本人とゲームや異文化交流をし、日本文化を知ってもらうキャンプ)
私のパートナーの先生や学校の協力、日本人の方々の活躍などの功績であり
とてもすばらしい事だと思います。

ただ・・それにしても想像以上です。

「私がいるから見せてあげられるもの」が・・・本当にすくない!

教室に入って、授業中、たびたび
「私がいる意味・・・?」と思います。
日本語の中間試験の採点をしていてその結果に
「はたして役に立っているのだろうか・・・?」と落ち込みます。

私たちは魔法使いじゃないし、実質3ヶ月程度教室に入っただけで
学生たちが魔法みたいに日本語がはなせるようになる訳じゃない。
そんな事はわかっているのです。

でも、日本人がいる教室は日本人のいない教室と何が違うかな。



あと2ヶ月で、何を残せるか。
ほかの日本語パートナーズと、励まし合いながら
最近、毎日考えています。
スポンサーサイト

Comment

| | 2015.01.18 23:34
このコメントは管理人のみ閲覧できます
tomoka | URL | 2015.01.23 02:03
ありがとうございます!
タイの気温より暑いメッセージ、うけとりました。
後少し、わたしのリアルを伝えるべく頑張ります。
Comment Form
公開設定

プロフィール

tomoka

Author:tomoka
TOKYO生まれTOKYO育ち。
職業、歌手。

初めての海外生活、田舎暮らし。
タイ北部の公立高校
日本語アシスタントティーチャー。
2014.9-2015.3

【日本語パートナーズについて】
http://jfac.jp/partner/index/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。